ホーム » コラム » ダイエットで必ず避けるべき事

ダイエットで必ず避けるべき事

ダイエットで必ず避けるべきなのは過度な食事制限。

食事制限は以前のパターンに戻すとすぐにリバウンドしてしまうし、この先もずっとその食事制限を守ることを考えるとたまりませんよね。お菓子をずっと食べないなんてできるはずないので最初からやめましょう。

はじめはおっくうに感じるかもしれないけれど、結局体を動かすのがベストだと思います。
ダイエットで一番効果がでたのはウォーキング、すなわち歩くことでした。
地道に歩くことで代謝がよくなり、汗をかくことが、一番体重が落ちて効率的なダイエットになりました。

体重はピークの時からマイナス5キロ減らすことができました。食事制限はストレスが溜まるのでわたしはできなかったです。意識的・継続的に歩く取り組みやすいダイエットだと思います。

ぜひお試しあれ。
ダイエットするためには、普段の生活でお金をかけずに工夫して手間をかけるのが良いかと思います。例えば床掃除をする際に、便利な道具を使うのではなく、ぞうきんを使う。そうすることでカロリー消費量が増えて、更にダイエットの効果もありまた節約にもなり、よいことだらけです。もちろん、無理せずに続けられるレベルでいいのですが、出費を抑えられ、カロリーの消費が増やせることを見つけ出していけば、割と苦にならずにダイエットできるのではないでしょうか。
ダイエットに大切なのは、腸内の環境を整えることが大切ではないでしょうか。

つまり、食べたものが腸内にある時間が長いほど体はそれを吸収しようと備わっているように思います。
食事をやめればもちろん痩せますが排泄もなくなります。

食べて摂取できない栄養を腸内の物質から摂取しようとするからだと思われます。ですので、お腹の調子を整えて、自然な排泄が毎日行われれば、ダイエットになるのではないかと思います。ダイエットを行うにあたりいきなり激しい運動から始めるのは大変でしょうから、まずは食事量を少しずつ減らしていきましょう。

食べる前には少し水を飲むことで、胃を軽く膨らませます。
そして、ゆっくり食べるようにしましょう。満腹の感覚は食べ始めて20分過ぎたくらいから感じると言われているため、早食いは厳禁です。

少なくとも20回以上は咀嚼し、30分は時間をかけつつ、落ち着いて食事をするようにしましょう。去年末頃から、いいかげんな生活がたたってお腹周りがたるんでしまっておりました。今まで着ていたたいとなシャツがまともに着られなくなりました。そこで、炭水化物をできるだけ摂らないようにし、家に帰るときは敢えて最寄駅より手前で降りて歩くようにしています。
休みの日であっても、散歩は欠かさず行くようにしました。着実に体重は減少していますが、痩せる時は大変で太る時はあっという間。
ダイエットがいかに難しいかを痛感しています。

私は今ダイエットを、実践しています。前にダイエットを、した時は痩せましたが健康も損なったので今は運動と食事には気をかけています。
毎日している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン縄跳び、筋トレを毎日行っています。食事は普通の人の半分位にしています。また、体が痩せたとしてもメンタル面が悪くなるといけないためヨガを行って心身を気持ち良い状態にします。ダイエットイコール食事制限、運動といった思われがちですが、3つだけことを実践するだけで私は痩せることができます。

一つ目は毎日同じタイミングで体重計に乗ること2.毎日鏡で体のプロポーションを確かめること3.姿勢を正して過ごすことこの3つのポイントを押さえれば痩せることができます。
姿勢を正す際に気をつけるのはS字に体を反らせずに真っ直ぐ垂直に維持することです。
夜8時を過ぎての食事は避けるようにしています。
それが困難な時は、就寝に時間前には飲み食いしないようにしています。
夕食は腹八分目に留めるようにしています。

嗜好品は、午前中に限定し、午後は食べないようにしています。
そして買うものは少量で売られているものか、小さいパックに分割されているものを選ぶようにしています。

午後のおやつでは、一口で食べられる大きさのものを選んでいます。

運動は嫌いなのでしませんが、近い距離は歩くようにしています。ダイエットをする時は、栄養バランスがよい食事をし、効果的な運動をすることが大切です。
運動しなくても食事量を抑えるダイエットは一応効果はでるもののリバウンドする可能性も高いです。甘い物や脂っ気の多いものは避け、低カロリーで高たんぱくなものや食物繊維が豊富なものを食べ、定期的に体を動かす生活をすることです。脂肪より筋肉の方が重たいため、運動を開始しても始めは体重変化が見えにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を燃焼し、体が締まり、太りにくい体質になっていきます。