ホーム » コラム » ダイエットの期間の水分補給

ダイエットの期間の水分補給

水分補給にダイエットの期間は炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味を飲むように心掛けています。食事はできるだけ野菜中心にし、肉や魚も取りながら買い出しに行き、手作りの料理をするようにしています。乳酸菌ドリンクやヨーグルトをダイエットのため食べて、便通をよくさせるように心掛けています。

自分の足を使って、ウォーキングもしながらできるだけ歩くようにもして体重が減るように心がけています。

毎日体重もはかり、ノートに体重を記載することでダイエットへの挫折をしないようモチベーションを上げています。

ダイエットをしてみたいと考えたのは、今より流行の洋服をキレイに着たいと感じたからです。

子育てでそんな時間がないと言い訳して、自分の身なりに気を配らず、若々しさやオシャレと程遠くなり、出かけるのもめんどくさくなってしまいました。キレイにしてお出かけをエンジョイしたい、センスのいい服を着たい、若くみられるママでいたい、古い知人に顔を合わせて失望されたくない、ダイエットしたい理由は数えると切りがありません。

あとはダイエットをいかに持続するかです。妊娠して数カ月が過ぎたころ、つわりが無くなったこともあり、一気に体重が増えました。
このまま太っていけば、妊娠中に病気になると言われ、ダイエットを始めました。

私がやったのは食事内容を見直しただけです。

それまでは食べられるだけ食べてしまっていましたが、野菜メインのメニューに変更し、おやつもカロリーオフのものを選び、満腹感は感じても摂取カロリーは低い内容に変更しました。

中身を変えてお腹いっぱい食べていますが、その後も体重は大きく増えていません。私は今ダイエットを、実行しています。

過去にダイエットを、実行した時は体重も落ちましたが健康も損なったので今は運動と食事に気を付けています。

運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳び、筋トレを毎日しています。食事の量は並の人の半分くらいにしています。また、体が痩せたとしてもメンタル面が悪くなるといけないためヨガを行ってリラックスしています。特に目的もなく痩せたいというのではなく、痩せてどんな体になりたいか、具体的なイメージを描くことがダイエットをちゃんと続けられるポイントだと思います。

目的がはっきりすでば努力を続けやすくなるので、どの時点で何キロ痩せたい、その後は何を着て誰に見てもらうかなどとにかく細かいディテールまで楽しく妄想。そうすれば、ちょっとスイーツを我慢するというのが、いやにならなくなります。
ダイエットには無理をするのではなく続けることに注力するのがいいでしょう。せっかく痩せてもリバウンドしては意味がありません。

まずはカレンダーを用意して、目標を書き込みます。2キロ減らすくらいが無理のない目標ではないでしょうか。そして夕ご飯のお米の量は半分にしましょう。

そして30分くらい歩くのです。これを一日おきくらいでやっていきます。週末には体重計に乗り、その結果をカレンダーにメモします。

急な成果を期待せず、少しずつ努力するのが長く続けるコツです。ダイエットを成功させるには、本人でさえダイエットをしている最中であるということに気づかないですむくらいの、易しいものにすること、しんどうないもの、継続できるものが重要だと思います。

私が実際にやっているのはかるーいグルテン抜きダイエットです。
きっぱりとしたグルテンフリーはかなりつらいです。
私は、小麦粉製を主食から外しているだけなので、成果は少なめですが、持続しやすいです。

もう一つ実践しているのが、食事は野菜から食べることです。これは食べる順番を変更するだけで、それ以外は制限していないので非常に容易く、継続可能です。
女性の生涯のテーマはダイエットでしょう。

誰でも綺麗なプロポーションを維持し、若々しくいたいと心の内では思っているはずです。
しかし、ちょっとした気分の緩みですぐに挫折してしまう人が多いのも事実かもしれません。本気で痩せたい!と思っているのならその気持ちをまず、維持するために、ゴールの体系の人の写真や切り抜きを毎日目に入るところに貼りましょう。

一番おススメは冷蔵庫の扉の前です。
甘いものをちょっとだけ、ジュースをちょっとだけこの気持ちをセーブする良い味方になるはずです。ダイエットをするにあたってまず必要なことは自分の気になる部分をリストアップしていき、変えていきたいと思う順番をつけていくことが大事です。全部を一度に変えようとすると運動する量や運動する方法が多くなり三日坊主となる可能性が高くなります。
まずは変えたい部位を決定し、その部位に合わせた運動法をしていくことをお勧めします。
部位を限定することでダイエットの効果が出やすく、達成したという感覚がつかみやすく、ダイエットを継続する自信になります。

近頃噂になっているダイエットといえば、糖質を抜くというものですが、いきなり食事を変えると空腹感とストレスの為に長く続くかなく、仮に一時的にダイエットできてもリバウンドしがちになります。
最初は食事の仕方から改変しましょう。

よく咀嚼したり、食前に水をのむことが満腹感を増しやすくします。あとは野菜からたべることで糖質の吸収を下げることもダイエットに効果的です。
理想的な体系を手に入れるには食事の仕方からはじめていきましょう。