ホーム » コラム » 思春期の頃からずっと体重を意識している状態

思春期の頃からずっと体重を意識している状態

ダイエットに関心を持たない女性はほとんどいないかと思います。もちろん私も思春期の頃からずっと体重を意識している状態です。
テレビやネットでは連日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、情報が溢れすぎて何を信じればよいのかわかったものではありません。どれを採用するにしても、健全な状態を保てない方法だと、生理が止まったり、骨がやわくなったりするので、無理なく取り組むことが第一です。
最近話題となったダイエットといえば、糖質制限ダイエットです。

ですが急に食生活を変えると空腹感とストレスの為に長く続くかなく、仮に一時的に体重が落ちてもリバウンドしやすくなります。
最初は食事の仕方から改変しましょう。
よく咀嚼したり、食事前に水を飲むことで満腹感が増しやすくなります。他には、先に野菜を食べることで糖の吸収を下げることもダイエットに効果的です。理想のプロポーションになるためには食事方法から考えていきましょう。私は今ダイエットを、実践しています。以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが体調を崩したので、現在は運動と食事に気を付けています。

今している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳びや筋トレを毎日実行しています。食事は一般的な人の半分程度です。それ以外にスリムに身体がなっても精神面が悪くなるといけないのでヨガをやり心身を気持ち良い状態にします。正しいダイエットをするコツとして、無理をしてはいけません。多くの場合、何かを極端に制限したり、一つのことばかりをやるすぎてしまう傾向にあるため、そうするとリバウンドしてしまう大きな原因となります。リバウンドはそれ自体が残念というだけでなく、ダイエットに対するやる気が減少したり、自分に自信がなくなったりするので、適度に毎日続けられるようなダイエットを続けるのが大事になるでしょう。

ダイエットするためには、普段の生活でお金をかけずにひと工夫してみるのはいかがでしょう。例えば、床を掃除する際に、便利なダスタークロスをで拭くところを雑巾にしてみる。
そうすることでカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありお金も浮いて一石二鳥です。
あくまでも続けられる範囲が望ましいですが、節約ができ、カロリー消費も増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しみながらダイエットを継続できるのではないでしょうか。
少し増加した体重を元に戻したかったので軽いダイエットをしてみました。

ランニングなどの運動は向かないのでダイエットするときは散歩をいつも取り入れています。天気が良い時はいいのですが、雨が降ってたり天気が悪いとどうしても外に出る気が失せるのでその様な日は好きテレビを見ながら足踏み運動をします。

これがとても良くてドラマに夢中になればあっという間に時が過ぎかなり良いダイエット運動となります。
ダイエットを希望したのはもっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。毎日育児で忙殺されていると言い訳して、自分のファッションに気を配らず、うら若さやオシャレから遠ざかり、外出するのも億劫になってしまいました。パリッとした格好でお出かけすることを楽しんでみたい、趣味のいい服を着たい、若いママでい続けたい、古い知り合いに会ってびっくりされたくない、ダイエットを希望する理由はたくさん出てきます。あとはダイエットをいかに続けていくかです。特に目的もなく痩せたいというのではなく、痩せた後どんな姿になりたいかという明確なイメージを持てるかがダイエットを長く続けることができるかのコツだと思います。

ゴールが見えていない状態の努力は続けにくいので、いつまでに、どのくらい痩せたい、その後は何を着て誰と会うかなど、とにかく細かいディテールまで楽しく妄想。

そうすれば、ちょっと甘いものを我慢するというのが、いやにならなくなります。夜8時以降の飲食はできるだけ避けています。
それが難しいときは、寝る前の二時間は飲食を避けます。夕ご飯は腹八分目に留めるようにしています。

また甘いものは午前中に食べるよう注意しています。買う際にも、少量のものか、小袋に分割されているものを選ぶようにしています。午後のおやつは、一口で食べられるサイズのものに限定しています。

運動は嫌いなのでしませんが、歩ける距離なら極力歩くように心がけています。ダイエットで一番効果がでたのはウォーキングでした。地道に歩いて代謝をよくし、汗をながすことが体重が最も落ちて、効率がいいダイエットになりました。体重がピークのときからマイナス5キロになりました。
食事制限についてはストレスを感じてしまいわたしには向いていませんでした。歩いて身体を動かすダイエットがおすすめです。

ぜひ試してみてください。