ホーム » 2017 » 5月

月別アーカイブ: 5月 2017

ダイエットをせねばと張り切るより

ダイエットをせねばと張り切るよりも、痩せる習慣を付けてしまうことが大切です。消費する分より、増えるカロリーが多いから太るので、ダイエットにはこの消費する分を増やすことが肝心です。
そのためには、タイムイズダイエットという考え方を知ることです。

つまり、時間を節約する意識がダイエットの成功に繋がるのです。今できる仕事を先延ばしにしないですぐにやるように心掛けることです。掃除、洗濯、洗い物、何でもいいので思いついたらすぐさま動くことを意識していれば自然に体重は減って行くはずです。多くの女性が人生に1回くらいダイエットをやってみるでしょう。

自分も最近また頑張りたいと思って、軽い朝ごはんとサラダを昼食にするようにしています。

いつも同じサラダではなくて、たまには少しお肉も入れ、野菜も変えるようにして、飽きないように気を付けています。

そうすると1日のカロリーよくわかりますし、晩御飯では自分が食べたいものを食べることができます。厳格なダイエットよりも容易だと思います。

晩御飯の時間を気にして、週末だけカロリー高い食事にすれば、そこまでダイエットも辛くないでしょう。
ダイエットの成功に必要なのは、お腹の調子を整えることではないでしょうか。
即ち、腸内に食べ物が留まる時間が長いほどそれを体内へ吸収しようとする働きが働くように思います。食事をしなければ当然体重も減りますが、排泄もなくなります。
食事から摂れなかった栄養を腸内の残留物から取り込もうとするからだと思います。ですから、腸内の環境を整え、健全な排泄が行われれば、労せずダイエットになるのではないかと思います。

ダイエットするためには食事の栄養バランスを考慮し、適度な運動をすることが大切です。
体を動かさず、食事を大幅に減らすダイエットでは一応体重を減らせるもののリバウンドする可能性が高くなります。

甘いものや脂質をさけて、カロリーは低くタンパク質を豊富に含むものや繊維を多く含むものを食べて習慣的に運動する生活を続けるのがベストです。
筋肉は脂肪より重いため、運動を始めても最初は体重の変化が出にくいことがありますが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を消費しやすくなり、体が引き締まっていき、「太りにくいボディ」がつくられるのです。
妊娠してからしばらくするとつわりが無くなり、一気に体重が増えました。この調子で太り続けると、妊娠中に病気になると言われ、ダイエットを始めました。

私がやったのは食事内容を見直しただけです。

それまでは特にセーブせずに食べてしまっていましたが、野菜メインのメニューに変更し、おやつもカロリーオフのものを選び、満腹感を感じるけれどカロリーの低いものに変えました。
質を変えるだけで満腹になるまで食べていますが、特に体重が増えすぎることなく、順調です。
まずダイエットとは短期間では痩せられないもの。

急激に痩せることは身体にかかる負担が大きくなり結果としてリバウンドしがちな体になってしまいます。最初はリバウンドしにくい体質を作り、健康的に痩せていくためにはバランスの摂れた食生活、有酸素運動、ストレッチや筋力トレーニング、腸内環境の整備、睡眠の改善などをして、ゆっくりと努力を継続しなければならない。
ダイエットにはお金をかけず、いつもの暮らしの中で工夫して手間をかけるのが良いかと思います。例えば床掃除の時、ダスタークロスのようなもの使うのではなく、ぞうきんを使う。

そうすることでカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありまたお金も節約できていいことづくめです。

当然、無理なく続けられるレベルが望ましいですが、節約ができ、カロリー消費も増えそうなことを見つけていくと、割と苦にならずにダイエットできるのではないでしょうか。
ダイエットで結果をだすには、自分ですらもダイエットをしている最中であるということに気づかないですむくらいの、易しいものにすること、しんどうないもの、維持できるものであることが大事だと考えます。

私が行っているのは、軽めのグルテンフリーダイエットです。
厳密なグルテンフリーはすごく困難です。
私は、小麦粉の商品を主食にはしないだけなので、効果は薄いですが、持続可能です。
プラス一つやっているのが、食事の時は野菜を最初に食べることです。これは食べる順番を修正するだけで、ほかにしてはいけないことはないのでなにも難しくなく、持続できます。
ダイエットで一番効果的だったのは、ウォーキングです。歩くという無理のない運動を続けて代謝をよくし、汗をかくことが、体重が最も落ちて、効率がいいダイエットになりました。

体重がピークのときからマイナス5キロになりました。食事制限によってストレスが溜まってしまうので、わたしはできませんでした。歩くことで体を動かす、ダイエットがおすすめです。
ぜひお試しください。ダイエットを成功させたいと考えているなら、どんなことでも偏りがあってはいけません。食事を抜いたり運動を制限したりすれば、一時的に体重は落ちてもやがてリバウンドしてしまいます。炭水化物は控えめにして、しっかりとタンパク質を摂り栄養価の高い野菜を食べたりと栄養のバランスを考えた食事を意識した上で、適度な運動をプラスすることで、リバウンドが起こりにくい体質になれるでしょう。

ダイエットに必要なのは、腸内環境を整えること

ダイエットに必要なのは、腸内環境を整えることだと思われます。つまり、食べたものが腸内にある時間が長いほどそれを分解、吸収使用とする作用が我々には備わっているようです。食事を減らせば痩せていきますが、排出もなくなります。食事から吸収できない栄養分を腸内に残っているものから吸収しようとするからだと思います。

なので、腸内環境を整えスムーズな排泄が欠かさず行われれば、自ずとダイエットになっていくのではと思います。
ダイエットの継続のためには無理をしないことです。食事と運動のバランスにも気を使いましょう。気をつけたいのは特に食事でしょう。

内容の偏ったメニューを取り続けると、むしろ、その反動がきてしまい自分の好きなものの誘惑に負けてしまうことが起きるので、リバウンドする事にもなりかねません。

美容にも大敵です。
炭水化物を控えめにするとか、肉より魚主体にするとか。
高タンパクで低カロリーはダイエットに欠かせないものです。

ダイエットをしてみたいと考えたのは、もっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。育児で時間がとれないことを言い訳にして、自分の身だしなみに気を配らず、気持ちの若さやオシャレと疎遠になり、お出かけするのも億劫になってしまいました。

キレイにしてお出かけをエンジョイしたい、オシャレな格好をしたい、若いイメージのママでいたい、昔の知人に会って幻滅されたくない、ダイエットをしていきたい理由は数え切れません。あとはダイエットをいかに続けていくかです。ダイエットは食べる量を減らすことだけというのは甘い考えです。体重は食べる量を減らせば落ちますが、身体が栄養を摂れていない飢餓状態と判断し、次に食事をした時により栄養を補おうと働きます。
これが食べる量をダイエット前に戻すといわゆるリバウンドになってしまうのです。ただ体重の変化だけに注意するのではなく、体脂肪率や筋肉量のような内側の要素に目を向け太りにくい身体作りを目指すことです。ダイエットをしようと思った時にウェイトを減らして痩せたいが一番の目標になるわけですが、このダイエットが原因で身体の調子が狂ってしまってはやっと痩せたというのに何も意味をなしません。

魅力的な健康美を目指すのであればダイエット中に口にする食事内容が大きく関与してきます。
炭水化物だけでなくビタミンやミネラル、たんぱく質などをきちんと野菜や肉、魚などから得るようにし、乳酸菌サプリ効果でカロリーを摂取しすぎないように気を付けた食事を摂り、そして汗がじんわりと出る程度の適度な運動で代謝をアップさせカロリー消費していくことが適切なダイエットの行い方となります。ダイエットをしようとする時に必要だといわれていることは自分の気になる部分をリストアップしていき、変えていきたい順に順位を付けることが必要です。
全部を一度に変えようとすると運動量や運動法が増えてしまい、三日坊主になりやすいです。

まずは部位を絞り、その部位に効果的な運動をしていくことがオススメです。

部位を限定することでダイエットの効果が出やすく、達成感が出てくることにより、ダイエットを継続する自信になります。正しくダイエットするコツとして、大事なのは無理しないことです。
多くの方が極度に制限しすぎたり、一つのことばかりをやるすぎてしまう傾向にあるため、そうするとリバウンドの大きな原因となります。一度体重が戻ってしまうとダイエットへの意欲が低下したり、自分に自信を持てなくなったりするため、毎日こまめに出来るようなダイエットをすることが大切だといえるでしょう。ダイエットで結果をだすには、自分ですらもダイエットをしている最中であるということに気づかないですむくらいの、簡素なものにすること、大変だと思わないもの、続けられるものであることが重要だと考えます。私が行っているのは、軽めのグルテンフリーダイエットです。
厳密なグルテンフリーはすごく困難です。私は、小麦粉の商品をメインで食べないだけなので、少しの効果ですが、続けられます。

あと一つ行っているのが、食事は野菜を先に食べることです。

これは食べる順番を修正するだけで、ほかにしてはいけないことはないのでなにも難しくなく、持続できます。去年の末くらいからぐーたらな生活がたたり下腹が飛び出してしまっておりました。

それまでは着れていた細めの服がまともに着られなくなりました。ですので、なるべく炭水化物を食べないようにし、帰宅するときにはあえて一つ手前の駅で降り、歩くようにしています。休みの日であっても、散歩は欠かさず行くようにしました。
着実に体重は減少していますが、痩せる時は時間がかかり太るのはすぐ。
ダイエットがいかに難しいかを痛感しています。

妊娠期間も安定期にはいった頃につわりが無くなり、一気に体重が増えました。このまま体重が増えると、妊娠中に病気になると言われ、ダイエットを始めました。私がやったのは食事内容を見直しただけです。

今までは食べれる時に食べるだけ食べていましたが、野菜メインの食事に切り替え、間食もゼロカロリーのものを選ぶなど、満腹感は感じても摂取カロリーは低い内容に変更しました。

内容を変えるだけで、満腹になるまで食べていますが、太ることなく、続けられています。

お腹がすくとイライラするんだね

お腹が空くとやたらと機嫌の悪いお客様がとても面倒です。
もともと、「納期、納期」とやたらこちらを急かしてくるくせに、
構成の出し戻しにしろ、素材集めにしろ、とても遅いお客様なんです。
ですが、ここのところお医者さんに言いつけられてダイエットを始めたそうで、
もともと大食漢だったのにかなり食べるのを我慢しているらしく、
お昼と夕方はやたらと機嫌が悪いのです。
電話やらメールやらで、突然火がついたように当たり散らされることも当たり前です。
こちらからしてみると、アナタが原稿出さないから納期に間に合わないんでしょうがっ!
という感じですが、お客様相手にそんなこと言えるはずもなく……。
はいはい、わかりました、すみません、と、半ば空返事をしながら何とかやり過ごしています。
お客様のお仕事が肉体労働なのもわかっているので、とても辛いんでしょうけど……
本音としては、私情を仕事に持ち込むな、と言いたい気持ちでいっぱいです。

思春期の頃からずっと体重を意識している状態

ダイエットに関心を持たない女性はほとんどいないかと思います。もちろん私も思春期の頃からずっと体重を意識している状態です。
テレビやネットでは連日のようにダイエットに関する情報を目にしますが、情報が溢れすぎて何を信じればよいのかわかったものではありません。どれを採用するにしても、健全な状態を保てない方法だと、生理が止まったり、骨がやわくなったりするので、無理なく取り組むことが第一です。
最近話題となったダイエットといえば、糖質制限ダイエットです。

ですが急に食生活を変えると空腹感とストレスの為に長く続くかなく、仮に一時的に体重が落ちてもリバウンドしやすくなります。
最初は食事の仕方から改変しましょう。
よく咀嚼したり、食事前に水を飲むことで満腹感が増しやすくなります。他には、先に野菜を食べることで糖の吸収を下げることもダイエットに効果的です。理想のプロポーションになるためには食事方法から考えていきましょう。私は今ダイエットを、実践しています。以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが体調を崩したので、現在は運動と食事に気を付けています。

今している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳びや筋トレを毎日実行しています。食事は一般的な人の半分程度です。それ以外にスリムに身体がなっても精神面が悪くなるといけないのでヨガをやり心身を気持ち良い状態にします。正しいダイエットをするコツとして、無理をしてはいけません。多くの場合、何かを極端に制限したり、一つのことばかりをやるすぎてしまう傾向にあるため、そうするとリバウンドしてしまう大きな原因となります。リバウンドはそれ自体が残念というだけでなく、ダイエットに対するやる気が減少したり、自分に自信がなくなったりするので、適度に毎日続けられるようなダイエットを続けるのが大事になるでしょう。

ダイエットするためには、普段の生活でお金をかけずにひと工夫してみるのはいかがでしょう。例えば、床を掃除する際に、便利なダスタークロスをで拭くところを雑巾にしてみる。
そうすることでカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありお金も浮いて一石二鳥です。
あくまでも続けられる範囲が望ましいですが、節約ができ、カロリー消費も増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しみながらダイエットを継続できるのではないでしょうか。
少し増加した体重を元に戻したかったので軽いダイエットをしてみました。

ランニングなどの運動は向かないのでダイエットするときは散歩をいつも取り入れています。天気が良い時はいいのですが、雨が降ってたり天気が悪いとどうしても外に出る気が失せるのでその様な日は好きテレビを見ながら足踏み運動をします。

これがとても良くてドラマに夢中になればあっという間に時が過ぎかなり良いダイエット運動となります。
ダイエットを希望したのはもっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。毎日育児で忙殺されていると言い訳して、自分のファッションに気を配らず、うら若さやオシャレから遠ざかり、外出するのも億劫になってしまいました。パリッとした格好でお出かけすることを楽しんでみたい、趣味のいい服を着たい、若いママでい続けたい、古い知り合いに会ってびっくりされたくない、ダイエットを希望する理由はたくさん出てきます。あとはダイエットをいかに続けていくかです。特に目的もなく痩せたいというのではなく、痩せた後どんな姿になりたいかという明確なイメージを持てるかがダイエットを長く続けることができるかのコツだと思います。

ゴールが見えていない状態の努力は続けにくいので、いつまでに、どのくらい痩せたい、その後は何を着て誰と会うかなど、とにかく細かいディテールまで楽しく妄想。

そうすれば、ちょっと甘いものを我慢するというのが、いやにならなくなります。夜8時以降の飲食はできるだけ避けています。
それが難しいときは、寝る前の二時間は飲食を避けます。夕ご飯は腹八分目に留めるようにしています。

また甘いものは午前中に食べるよう注意しています。買う際にも、少量のものか、小袋に分割されているものを選ぶようにしています。午後のおやつは、一口で食べられるサイズのものに限定しています。

運動は嫌いなのでしませんが、歩ける距離なら極力歩くように心がけています。ダイエットで一番効果がでたのはウォーキングでした。地道に歩いて代謝をよくし、汗をながすことが体重が最も落ちて、効率がいいダイエットになりました。体重がピークのときからマイナス5キロになりました。
食事制限についてはストレスを感じてしまいわたしには向いていませんでした。歩いて身体を動かすダイエットがおすすめです。

ぜひ試してみてください。